在宅ワークでアフィリエイトはどれくらい稼げる?

在宅ワークにはいろいろな種類がありますが、そのほとんどが仕事をした分だけ報酬をもらうという形で成り立っています。

報酬形態は固定給だったり成果報酬型だったりとさまざまですが、基本的には何らかの労働をしなければお金をもらうことはできないはずです。

しかし、それらの概念とはちょっと違う位置づけの在宅ワークとして”アフィリエイト”という職種があります。

アフィリエイトとは?

アフィリエイトとは、自分のWEBサイトやブログで商品やサービスの広告を載せ、それを通じて商品の売り上げなどの成果出た場合に報酬を受け取ることができる仕組みのことをいいます。

簡単にいうと「広告収入を目的とした在宅ワーク」になりますが、在宅ワークというより在宅ビジネスと言った方が良いでしょう。

広告を載せて宣伝するだけでお金が入ってくるといえばとても聞こえはいいのですが、その実、アフィリエイトは決して簡単で楽なものではありません。

アフィリエイトを始めようと思うのなら、最初から収入があるとは思わない方がいいです。稼げるノウハウを身につけるまでにはそれ相応の経験と工夫が必要になってきます。

ただし、実際に高額の収入を得ている方も中にはおりますので、努力次第で成功する可能性も十分にあるといえるでしょう。

アフィリエイトを始めるには?

「アフィリエイトは誰にでもできる」などとよくいわれていますが、正確にいうとそれは正しくありません。

アフィリエイトは自分のWEBサイトに広告を載せることから始まるわけですから、WEBサイトを持っていること、持っていなくてもWEBサイトの作り方を知っていることが前提になります。

それが不可能な場合は、ブログを作れるかどうかが必要最低限の条件です。もしどれも満たしていないのなら、WEBサイトの作り方、ブログの始め方から覚える必要があります。

上記の条件を満たしている人であれば、アフィリエイトは初期投資なしで誰でもすぐに始めることができる在宅ワークです。

自分のWEBサイトを作ったら、ブログに広告を載せるだけなのですが、この広告選びがとても重要になってきます。自分で広告を載せたい企業と直接交渉するのは難しいので、ASPと呼ばれるサービスプロバイダに登録して利用するのが一般的です。

ASPとは『アフィリエイト・サービス・プロバイダ』の略で、企業と広告主の仲介役をしてくれる、いわばインターネット上の広告代理店のようなものです。

このASPの中から自分が宣伝したいと思う広告を選び、自分のサイトにバナーや宣伝を貼り付けます。サイトに訪れた人がそこから商品を購入するなどの成果があった場合、ASPから報酬が振り込まれるというのが一連の流れです。

アフェリエイトはどれくらい稼げるの?

他の在宅ワークとアフィリエイトが確実に違う点は、始めたからといって収入が約束されているわけではないということです。むしろ、アフィリエイトに挑戦してもほとんど報酬がないというケースが多々あります。

世の中には星の数ほどのWEBサイトやブログがあるので、その中から自分のサイトを見てもらい、さらに広告に興味を持ってくれた人が商品を購入してくれるなんていうのはとても確率の低い話です。

アフィリエイトを始めてもすぐには報酬が得られないということ、場合によってはずっとゼロのままの可能性もあることを先に知っておく必要があります。

アフィリエイトでの収入はピンキリです。1年間アフィリエイトを続けても、数十円~数百円しか稼げない人もいれば、月間百万円以上稼ぐようになる人もいます。

本業としてやっているのか、副収入狙いなのか、その人がどれだけ努力して時間を費やしているかによって収入はさまざまなので、平均的な収入は一概にはいえません。

ただし、アスキークラウドさんの『アフィリエイトは副業? 本業? 月収入は? 2000人調査』の記事によると、全体の54%が月999円以下であるという結果が出ています。月20万円以上稼いでいる人は全体の4%にも満たず、アフィリエイトで稼ぐのがいかに難しいかを物語っています。

アフィリエイトは不労所得なのか?

「アフィリエイト」をインターネットで検索すると、時おり「不労所得」というキーワードが引っかかります。

不労所得とは、労働をしなくとも入ってくる収入のことで、利息や利子、株式の配当、不動産の投資などが該当します。広告を貼るだけで収入を得られるアフィリエイトも、取りようによっては不労所得と考えられなくもありません。

しかし、本気でアフィリエイトに取り組んでいる人の大半は、もの凄い努力をしている人たちです。月に数十万~数百万円と稼げるようなスーパーアフィリエイターの人は、それこそ他の誰よりも頑張ったからこそ結果が出ているのです。

たとえそれなりに稼げるようになったからとはいえ、そのサイトをそのまま放置していたらすぐに収入はなくなります。稼げるようになってからも、今度はその状態を維持することが大変なのです。

アフィリエイトは何もしないで収入を生み出す在宅ワークではありませんので、不労所得に当てはまるとは言い難いと思われます。

アフィリエイトに向いている人は?

アフィリエイトはとにかく忍耐力が勝負です。結果が出るまでには時間がかかりますし、最初のうちは何をやっても反応がないので、途中で投げ出す人も少なくありません。

ある程度収入を得られるようになるまでは、とにかく継続するしかなく、モチベーションを保ち続けるのが難しいといわれています。そのため、我慢強い人、コツコツと努力できる人、物事を長期的な視点で見れる人などが向いているでしょう。

また、独自の視点やオリジナリティを持つことも大切です。無数のライバルから勝つためには、他人と違うことを考えられる想像力が必要になります。

独自の発想で、他のアフィリエイトサイトにないような工夫ができるようになれば、おのずと収入も期待できるようになるでしょう。

他人の真似事ばかりしていてもアフィリエイトでは成功できません。常にいろんなものに興味を持ち、検索して調べ、実行できるような探究心を持つことが重要とされています。

アフィリエイトはすぐに儲かる自己アフィリエイトから初めるのがおすすめ

初心者がアフィリエイトで報酬を稼ぐことは、初めの半年ぐらいはなかなか難しいのが現実です。一生懸命にブログを更新しても、作業に慣れるまでに1ヶ月の報酬が数百円だったなどは普通です。

そのため、初めの数ヶ月はブログの記事更新と並行しながら、自己アフィリエイトで確実に報酬を稼いでいくとモチベーションの維持にとても有効です。

自己アフィリエイトの案件を探しながら、どのような広告案件があるのかを見る習慣をつけて、気になる案件があったら記事を更新するようにすると、報酬が継続的に発生するようになります

自己アフィリエイトとは? 在宅ワークで一番簡単に稼ぐ方法を紹介!

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ