いくら稼げる!? 在宅ワークの収入事情を解説!

在宅ワークの平均月収は?

在宅ワークの収入は職種や労働時間によってかなりの差がありますが、平均的にはどれくらいになるのでしょうか。

厚生労働省発行の『在宅ワークの適正な実施のためのガイドライン』によると、1ヵ月あたりの平均的な月収は「5万円以下」がもっとも多く、27.7%と全体の約3割を占めています。

「6~9万円」の18.0%と合わせると45.7%となり、在宅ワーカーの半数近くの月収が10万円未満であることがわかります。

しかし、この結果は逆に考えると半数以上の人が月10万円以上の収入を得ているということにもなります。

月収が10~19万円の人は18.5%と全体の2割近くになり、それ以上の人が3割を超える結果となっています。

月収30万円以上の人が22%であることからしても、在宅ワークをしている人の5人に1人は月30万以上稼げるということが伺えます。

以上のことから、稼ぐ人は本当に稼いでいるということが証明できるのではないでしょうか。

在宅ワークの収入は人それぞれ

ただ一口に在宅ワークといっても、その仕事内容や収入はさまざまです。特に収入面においては、職種や働き方によって大きく差が出てきます。

在宅ワークに興味はあるけど今一歩踏み込めないという方は、やはりこの点が気になるのではないでしょうか。

働いた分だけ報酬がもらえるというのは、在宅ワークのメリットであると同時にデメリットでもあります。会社員のような月々の固定報酬がないので、収入も不安定になりがちで、その月によってバラつきが生じます。

仕事を受注できなければ収入ゼロになる可能性もあるのです。在宅ワークで安定した収入を得るためには、自分で努力するほかありません。

安定した収入を在宅ワークで得るには

在宅ワークで仕事を軌道に乗せ、順調に稼げるようになるには、長期的に信頼関係を維持できるクライアントを作ることが先決です。

どんな職種にもいえることですが、納期を守って質の高い仕事を続けていれば、おのずと結果はついてきます。よい仕事をすれば同じクライアントから続けて案件を受注できるようになりますし、信頼が築けると優先的に仕事を回してもらえることもあります。

コンスタントに仕事を受注できるクライアントが数件あれば、それなりに安定した収入が見込めるようになってくるでしょう。

在宅ワークを始めたばかりの頃は、実績を積み上げていくことが大切です。いくら高いスキルを持っていても、ある程度の実績がなければ仕事を受注することは難しいでしょう。

クライアント側としても、新規の在宅ワーカーに仕事をお願いするのはリスクがありますし、専門性が高い仕事ほどそれは顕著になってきます。

在宅ワークを始めてすぐに高収入を見込める人は稀ですので、初心者のうちはコツコツと実績を作っていくほかありません。

在宅ワークは「努力なしでは稼げない」と覚悟するべき

在宅ワークは決して楽して儲けられるものではありません。ある程度稼げるようになるまでにはそれなりの経験と努力が必要ですし、外で働くよりもずっと大変だという意見もあります。

そもそも、大した苦労もせずに自宅で楽に稼げるのなら、誰もが在宅ワーカーになるのではないでしょうか。

誰にも干渉されない自由な働き方を得るということは、同時にたった1人で何のあても保証もない環境で働くということになるのです。

特に家族を養う立場にある人にとって、収入が不安定な在宅ワークは大きなリスクを背負うことになります。

本業として在宅ワークをするなら、興味や勢いだけでなく、生活のことも十分考慮した上で始めることが望ましいです。

在宅ワークで高収入を得るには?

いろんな在宅ワークがある中で、専門的なスキルが必要な仕事は報酬が高い傾向にあります。

中でも、システムの開発やWEBプログラミングなど、エンジニア・プログラマー系の職種は高収入が見込めます。1案件の相場は数十万円~数百万円になるので、中には年収が1,000万円を超える人も出てきます。

システムエンジニアやWEBプログラマーの職は、IT・WEB業界でも特に需要が高いので、在宅でも外で働くのと同等かそれ以上に稼げる職業です。

WEB業界は慢性的な人手不足に悩んでいる企業が多いので、WEBデザイナーやHTMLコーダーなどのWEBサイト制作に関する職種も需要が高いです。エンジニア・プログラマーほどではありませんが、常に案件が豊富にあるので、仕事が受注しやすい職種の1つとなっています。

反面、WEBサイト制作は学生も参入しやすい業界なので、ライバルも多く、好条件の案件は競争率も高くなります。

高収入の在宅ワークの中には、資格やスキルが必要ないものもあります。アフィリエイトや投資などの在宅ワークは、本人の頑張り次第でいくらでも稼ぐことができるでしょう。

しかし、これからの仕事は確実に報酬が得られるとは限らず、投資となるとリスクも高いので、初心者が興味本位で手を出すのはおすすめしません。

誰でもすぐに始められるアフィリエイトは、敷居が低い分ライバルも多数存在するので、高収入を得ている人はごく少数といえるでしょう。

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ