【敷居が低い!】在宅ワークで初めての人はシュフティに登録してみよう

クラウドソーシングで在宅ワークが身近な存在に

在宅ワークを始める第一歩であり最初の難関となるのが、仕事を受注することです。

過去記事でも紹介しましたように、在宅ワークは請負契約のため自分でクライアントを見つけて契約する必要があります。

在宅ワークは初めての未経験者でもできる?

営業経験のない方や消極的な性格の方にはこれがなかなか難しく、せっかく在宅ワークを始めてみたいと思っても、仕事を見つけることができずにあきらめてしまう人も少なくありません。

しかし、数年前にクラウドソーシングが登場して以降、在宅ワーカーが仕事を受注するのはさほど難しいことではなくなりました。クラウドソーシングの普及により在宅ワークはより身近なものになり、在宅ワーカーの数も急増しています。

クラウドソーシングについてはこちらも過去記事の『在宅ワークでライター仕事は未経験でも稼げる!? 内容を紹介!』で詳しく紹介しておりますが簡単にいうと「インターネットを利用して不特定多数の人に業務を外注するサービス」のことです。

海外では1990年代後半には始まっていたサービスでしたが、日本では2008年に登場しました。

主婦向けクラウドソーシングの”シュフティ”

現在、日本でクラウドソーシングサービスを提供する企業は数十社あり、代表的なところでは”ランサーズ やクラウドワークスなどが挙げられます。

いずれも会員数が30~40万人を超える大手で、魅力的な案件も豊富に揃っておりますが、既にベテランの在宅ワーカーが多数活躍しており競争率が高くなるため、初心者には仕事を受注するのが難しいことが懸念されます。

また、フリーランスやSOHOのような在宅ワークを専業としている人向けの案件が多く、主婦の方や副業で在宅ワークをしたい方には敷居が高く感じられるという意見もあります。

そんな方におすすめのクラウドソーシングの1つに”シュフティ”があります。

シュフティの名前の由来は、「shufti=ちらちら見る」という意味と「主婦」という意味の2つからきており、主婦向けクラウドソーシングの老舗として主に女性からの人気を集めています。

運営会社は”株式会社うるる”で、2001年の創業からBPOのデータ入力やスキャニングサービス事業を展開してきました。

クラウドソーシングが登場する以前より、企業と在宅ワーカーのビジネスマッチングを支援し続けてきた歴史と実績があり、在宅ワークのスタンダード化を積極的に広めることを目的に掲げている会社です。

以上のことから、シュフティは在宅ワークの”プロ”が作ったクラウドソーシングといえるでしょう。

シュフティは初心者にやさしいクラウドソーシングサイト

主婦向けのクラウドソーシング謳っていることからして、シュフティは「主婦」がメインユーザーです。

育児や介護などの事情で外に働きに出られない方や、家にいる空き時間を利用して働きたい方向けの案件が豊富で、初心者の在宅ワーカーでも始めやすいクラウドソーシングサービスとして非常におすすめです。

サイトのレイアウトもシンプルで使い勝手がよいので、クラウドソーシングが初めての方でも利用しやすくなっています。

他のクラウドソーシングサイトに比べてデザインもおしゃれな感じで、女性受けが良さそうです。サイト全体に使用されている文字が比較的大きく、各コンテンツページへのナビメニューもわかりやすい配慮がなされています。

シュフティの始め方について

シュフティを利用する手順はとても簡単です。

1.まずシュフティのサイトに行き、『会員登録』のボタンをクリックします。

2.必要事項を記入した後、『会員登録する』ボタンをクリックします。

3.登録したメールアドレスに仮登録のメールが届くので、そこから本登録の画面に移動して個人情報を入力して完了です。

会員登録は、facebookやGoogle+、yahoo!のアカウントを利用することもできるので、そちらを使用すればさらに簡単に始めることができます。

シュフティの特徴

クラウドソーシングサイトはどこも似たような印象がありますが、その実サービスの内容や利用方法は多種多様です。

特にシュフティは、主婦の方や初心者が利用しやすいようなサービスが多く感じられますが、具体的にはどんな特徴があるのでしょうか。

シュフティでは初心者向けの案件が多い

在宅ワークの種類はさまざまですが、シュフティに多い案件はライティングと事務作業系の2種類です。特にライティングの案件は豊富に揃っており、他のクラウドソーシングよりも比較的簡単で取り組みやすい仕事が目立ちます。

シュフティの案件には、見積もりを提出して契約を結び計画的に仕事を進める”プロジェクト型”と、見積もりを提出する必要がなく誰でもすぐに仕事ができる”タスク型”の2つに分かれますが、ライティングのカテゴリにはこのタスク型の仕事が多数あります。

在宅ワークが初めての方は、まずこのタスク型の仕事から始めてみるのもよいでしょう。

シュフティはシステム手数料が一律10%

クラウドソーシングサービスを利用する際、ほとんどの場合においてシステムを利用するための手数料が発生します。

金額はクラウドソーシング会社によってまちまちで、大手では10万円以下は報酬の20%、10~20万円では10%、20万円以上になると5%などと細かく分かれています。

初心者の方がいきなり高額の案件を受注することは稀ですので、基本的には報酬の20%が差し引かれて入金されることになりますが、これは決して少ない数字ではありません。報酬が10,000円の場合は2,000円が手数料として差し引かれることになるのです。

それに対し、シュフティではシステム手数料は一律10%と定められています。報酬の金額に関わらずどんな案件でも10%と決まっているので、非常にわかりやすく、見積もりを提出する際の計算も楽にできます。

また、低額の案件でも10%なのはワーカー側にとってはありがたく、この点1つとっても初心者にやさしいシステムといえるでしょう。

シュフティでは報酬は随時受け取り可能

シュフティが他のクラウドソーシングに比べて秀でている点として、この報酬の受け取り方法を抜きには語れません。

シュフティを利用して仕事を受注し完了すると、ワーカー側への報酬はポイントで支払われます。1ポイント=1円となっており、受注金額からシステム手数料の10%を差し引いたポイントを受け取ることになります。

ポイントが貯まってきたら、”ポイント換金”申請をすることにより現金に換金でき、自分が指定した金融機関口座に振り込まれる仕組みです。

シュフティでは、このポイント換金を随時することが可能になっています。自分の好きなタイミングでポイント換金申請ができ、金融機関の営業時間内であれば、最短30分で口座に振り込まれるのです。この時、換金する金額も自分で決めることができます。換金時の手数料は1回につき540円です。

大手のクラウドソーシングでは、報酬の支払いに締日があるところが多いです。「月末締めの翌月15日払い」「15日締めの月末払い」の月2回のところもあれば、「月末締めの翌月20日払い」といった1ヶ月に1度しかないところもあり、締日の関係で入金が2ヶ月も先になるケースも出てきます。

せっかく頑張った仕事も、報酬がなかなか受け取れないとモチベーションも下がってきてしまうので、いつでも報酬を受け取れるシュフティのシステムは在宅ワーカーにとって本当にありがたく感じることでしょう。

パートナー登録制度がある

クラウドソーシングでは、一度引き受けた案件が完了した後、同じクライアントから再度仕事を依頼されることがあります。そんな時、シュフティの”パートナー登録制度”は大変便利なシステムです。

クライアントからパートナーとして認定されると、継続的に仕事を受注できるようになります。新しい仕事を探す際、見積もりを提出して交渉し、受注するまでのやり取りは人によっては面倒に感じられるので、その手間が一気に省けるパートナー制度はどんどん活用していきたいものです。

パートナーのお誘いが来たら、条件をよく確認し、納得がいくものであれば積極的に受けるようにしましょう。

シュフティオリジナルのeラーニング講座がある

シュフティでは、在宅ワーカーのスキルアップを目的とした独自のeラーニング講座が公開されています。

在宅ワーカーの基礎的な知識やビジネスマナーなどを習得できる”在宅ワークナレッジ講座(7,560 円 / 1 回)”と、ライティング業務のテクニックを習得できる”ライティング講座(12,960 円 / 1 回)”の2種類があり、パソコンでインターネットができる環境であれば誰でも受講することが可能です。

在宅ワークが初めての方は、この講座を受講してスキルアップを目指すのも選択肢の1つといえます。

シュフティではスマートフォンでも仕事ができる

シュフティにはスマホ用の専用アプリが用意されています。以前はiPhoneのみ対応しておりましたが、最近ではアンドロイド版も登場し、無料でダウンロードができるようになっています。

スマホ版ではタスク型の仕事のみになりますが、簡単な作業がほとんどなので、すき間時間を利用して稼ぐのにぴったりです。スマホのアプリで在宅ワークができるのはクラウドソーシング市場全体でも珍しく、シュフティの特色となっています。

パソコンを持っていない人でも在宅ワークができることからユーザー層も広がり、学生の利用も増加している傾向にあります。

主婦以外の幅広い層にも人気

主婦向けのクラウドソーシングであるシュフティですが、利用者の中には男性の方も大勢いらっしゃいます。

在宅ワーク初心者にとってのメリットがたくさんあり、仕事の内容も気軽に始められそうなものが数多くある一方で、難易度の高い案件も豊富に揃っているので、ベテラン在宅ワーカーの利用も多く見受けられます。

初心者から上級者まで、老若男女問わずに活躍できるのも、シュフティならではの魅力の1つといえるでしょう。

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ