在宅ワークでライター仕事は未経験でも稼げる!? 内容を紹介!

在宅ライターは誰でも始められる

在宅ワークを始めてみたいけど、これといった特技もなければなんの資格も持っていないという人はたくさんいらっしゃると思います。

確かに、在宅ワークの中には専門的なスキルやその業務に従事した実績が必要なものもありますが、あらゆる在宅ワークの中でそれらの職種はほんの一握りです。特別なスキルを必要とせず、未経験者・初心者でも始められるような内容の在宅ワークはかなりの数に上ります。

その中でも一番人気がある職種として、”在宅ライター”が挙げられます。

文章を書く仕事を”ライティング”といい、それを職業にする人を”ライター”と呼びますが、在宅ライターは家にいながらライティングをする仕事です。

取材などで外出することがなく、空いている時間を使ってできるので、男女問わず、どの年齢層の方にも幅広い人気があります。

在宅ライターはどんな仕事?

在宅ライターの仕事は、主にWEBコンテンツ用の記事がメインです。WEBサイトに掲載することを目的とした、さまざまな形式の記事を作成します。

WEBコンテンツ用の記事を書く仕事はとても需要が高く、多種多様な案件が豊富に揃っていますが、具体的にはどんなものがあるのでしょうか。

ブログやSEO対策用の記事をライティング

在宅ライターの中でもっとも多いのが、この手の記事を書く仕事です。ブログやSEO対策用の記事を、コラム調・日記調・説明調などいろんなスタイルで作成します。

クライアントによってジャンルは異なり、その分類方法もそれぞれですが、ライター側はその中から自分が得意なジャンルを選んで仕事を受注することになります。

記事1本あたりの文字数は、400文字前後の比較的短いものから、1記事3,000文字以上のものもあり、案件ごとにバラつきがあります。

単価も1本あたり数百円~数千円という単位のものから、10本でいくらといったセット単位のもの、その他にも、1文字に対して数円といった文字単価形式だったりとピンキリです。

ライティングの仕事をする時は、この単価がとても重要なので、よく吟味してから受注するようにしましょう。

ブログやSEO対策用の記事は、得意なジャンルを選べるとはいえ、大枠のジャンルの中からさらに細かく分類されるケースも多く見られます。

例えば「美容」についてのジャンル1つとっても、メイクや髪型、スキンケアといった女性向けの内容から、育毛や脱毛、美容整形などと広く分かれているので、得意なジャンルの中でも書くのが難しいテーマにあたることもあります。

在宅ライターで活躍したいのなら、この”苦手なジャンル”をなるべく少なくするのが課題となるでしょう。

キュレーションサイト用の記事をライティング

インターネットを利用して効率よく情報を集める手段の1つとして、最近は”キュレーションサイト”が注目を集めています。

インターネット上の情報を集めてまとめることを”キュレーション”といい、キュレーションを行う人のことを”キュレーター”と呼びます。キュレーションサイトは別名”まとめサイト”などとも呼ばれています。

キュレーターとして記事を作成する時は、WordPressや専用のシステムを使用する場合がほとんどです。ゆえに、文章を書くことに慣れているだけでなく、インターネットのツールを使い慣れている必要性があります。

キュレーターはインターネットでの情報収集のプロですから、検索の方法や画像の扱い方はもちろん、ツイッターやFacebookといったSNSを使いこなせることが望ましいです。

キュレーション記事作成の報酬は、1本あたりいくらという形式のものが主流です。仕事量にもよりますが、記事1本の相場は数百円というのが多くなっています。

スタート時は300~400円と低めでも、実績を積んで評価されると単価がアップするシステムになっていることもありますので、よい記事を続けて書くことで高単価が期待できるようになります。

クチコミやレポート、体験談をライティング

在宅ライターの仕事の中には、指定されたお店や商品、サービスなどに対し、クチコミや実際に体験した感想を提出するというものがあります。アンケートモニターと少し似ていますが、自由に感想を書けるわけではなく、書き方にある程度の制約がある点で異なります。

ライティングの仕事としてクチコミやレポートの記事を書く場合、その多くは不特定多数に公開されることが前提となっています。構成や文字数にも指定があり、タイトル、概要分、本文、と細かに字数が指定されることもあります。

時には指定されたキーワードを指定された回数だけ入れるといった条件も発生しますので、文章を書き慣れている方でないと難しく感じられるでしょう。

在宅ライターになるための条件は?

未経験者でも比較的仕事を受注しやすい在宅ライターですが、誰でも始められるとはいえ最低限の条件はあります。とりあえず、パソコンがなければお話にならないです。

最近はパソコンの代わりにタブレットやスマートフォンを使用する人が増えていますが、文章の入力速度はキーボード使用時の比になりません。

200文字程度のクチコミ投稿などでしたらスマートフォンでも十分ですが、ライターとして仕事をするなら文章量はその数十倍になるはずです。パソコンを持っていない方は、まず環境を整えることから始めましょう。

また、条件というには当たり前すぎますが、ライターの仕事は文章を書くのが得意な人でなければ務まりません。ある程度文章力があって、日本語をきちんと使えることが必須となってきます。

句読点の適切な使い方、改行を入れるタイミング、一段落内で同じ言葉を多用しない、文体の統一、などといった文章を書く上での基本的なルールは必要最低限の知識です。

さらにクライアントによっては、ら抜き言葉・い抜き言葉のチェック、口調の指定、体言止めの禁止、主観的・客観的の注文、独自の表記ルール…と、注文の内容は千差万別なので、臨機応変に対応できるよう実力を磨くことが大切です。

在宅ライターをする上での注意点について

在宅ライターをする上で、これだけは絶対に知っておかなければいけないのが「著作権」です。

文章を書く際に、インターネットや書籍・雑誌などで情報を調べることはよくありますが、他人が書いた文章のコピー・引用・抜粋などの行為はすべて著作権の侵害にあたります。

これはどんなクライアントでもほぼ間違いなく禁止している事項です。記事を作成する時は、自分の言葉でオリジナルの文章を書くことを心掛けましょう。

また、在宅ライターの仕事には守秘義務が発生します。記事作成の際に、クライアントから企業秘密や資料などの情報を得ることがありますが、これらは決して第三者に漏らしてはいけません。

一時的にお預かりしたデータなども、仕事が終わったら速やかに削除する必要があります。

在宅ライターの仕事はこれからさらに需要は高まる

インターネットで情報を得るのが当たり前になった時代、今や紙媒体よりもWEBサイトで文章を読む人の方が多くなりました。

ブログやSNSなどの登場により、ここ数年でその傾向はさらに顕著となっています。新聞や雑誌はまったく読まないけど、WEB記事は読むという人も少なくありません。

在宅ライターの需要はこれからさらに高まる一方なので未経験者にも敷居が低い仕事です。文章を書くことが好きな人は一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ